あっ!丁度良いところに加藤さん♪

神道とモノ作りと趣味の辛口コンシェルジュ

読書の春

f:id:wisteriaplus622:20240328132015j:image

新しい本が届きました♪

『読み比べ古事記ホツマツタヱ

『日本古代史とユダヤ世界史』

 

日本の古代史を日本のみの視点で見ていると、古事記日本書紀、時には魏志倭人伝の様な都合良く編纂された内容に惑わされてしまうので、世界史的な視点からも、その時代にあったであろう国内外の出来事を注視しながら日本を見て行こうと思います。

やはり歴史はサイエンスでないと駄目です。

 

そして、ホツマツタヱも単独で読むより、古事記との相違点をひとつずつ確認しながら、古事記編纂内容の違和感をクリアにしてみたいと思います。

ホツマツタヱでは、天照大御神男神正室瀬織津姫の事も記述があります。

熱田神宮の事も、日本武尊命の事も、弟橘媛そして宮簀媛の事も、明確に書き表されていて、当方が名古屋の地元で見聞きして来た話との整合性も高いので、今のところ偽書扱いではありますが、私は古事記日本書紀より信頼出来るものと考えています。 

ここに何かしら手心を加えた記述があるかもしれませんけど、そこはタイトル通り古事記と比べながらと言う事になります。

 

読み込む前に後書きから読んでしまって、既に納得してしまっている部分もありますけど、何か新しい発見があれば良いですね。